禁煙マーク

禁煙にチャンピックスが有効な理由

禁煙にチャンピックスが有効な理由を知るためには、まずはどうしてタバコを吸うと禁煙するのが難しいのかを知る事が大切です。
タバコを吸うとなかなか止める事が難しいのはどうしてなのかというと、その中に含まれているニコチンが大きな理由となっています。
タバコを吸うとニコチンが体内に取り込まれますが、それが脳内のニコチン受容体と結びつきます。受容体と結びつく事によってドーパミンが放出され、このドーパミンが快感をもたらしているのです。
ところがニコチンが切れると禁断症状が現れてしまうので、再びタバコを吸う事で体内にニコチンを取り入れて、ドーパミンを放出させたがるのです。
チャンピックスが登場する前の禁煙の方法としては、タバコの代わりにガムやパッチを用いて少量のニコチンを摂取する事によってタバコを吸うのを止めた際の禁断症状を軽減させるというものでしたが、チャンピックスの場合はニコチンを用いずに治療効果があり、成功率も今までの方法よりも高い画期的な方法であると言われています。
チャンピックスは服用する事でニコチン受容体と長時間結びつき、タバコを吸う事で体内にニコチンを取り込んでもニコチンと結びつく受容体が既にチャンピックスと結びついているのでドーパミンを放出しなくなります。
そうするとタバコを吸っても快感を得られなくなるので、タバコを吸いたくなくなってくるのです。
そしてチャンピックスの服用を続けていれば、だんだんとタバコを吸いたいという気持ちが無くなってくるので禁煙に成功するという訳です。
必ず禁煙に成功するという訳では無く、自分自身でも禁煙したいという気持ちを強く持つ事は大切ですが、それでも従来の禁煙の方法と比べるとかなり高い成功率となっています。

チャンピックスのこわい副作用

不眠の女性 チャンピックスは禁煙治療として非常に有効な手段の一つですが、入手方法としては禁煙外来のある病院に行けば医師から処方してもらえるほか、個人輸入代行サービスを利用して外国で製造されているものを手に入れる方法があります。
どちらの方法を利用するかは禁煙治療に臨む人の考え方次第ですが、どちらを選択したとしてもチャンピックスを手に入れて服用する際には、副作用が発現するリスクについて十分に留意しておく必要があります。
チャンピックスの服用によって生じる可能性がある副作用のうち、特に多い症状は吐き気、不眠症、悪夢、頭痛、鼓腸ですが、この他にも生じうる症状はたくさんあります。
例えば神経系の症状としては、味覚異常や傾眠、記憶障害、けいれんなどといった症状が出ることがあり、精神面では睡眠障害や抑うつ、感情不安定、攻撃的行動などの症状があらわれる可能性があります。
また胃腸では、下痢や胃部不快感、腹痛、腹部膨満感、口内乾燥、胃炎、血便などが発現することがあります。
そして、チャンピックスでは頻度は不明ではあるものの、上記の症状より重い副作用が発現することがあります。
添付文書の中で指摘されている症状は黄疸、肝機能障害、意識障害、血管浮腫、スティーブンス・ジョンソン症候群、多形紅斑の6つです。
これらの症状の中には死亡例が報告されているものがあります。
服用を続けていく中で顔がむくんできたり、皮膚が赤く盛り上がったり、目や皮膚が普段より黄色くなってきた場合は、そのままにしておくと重い副作用の症状があらわれる可能性があるため、すみやかにチャンピックスの服用を中止し医師に相談しましょう。

チャンピックスの価格は?

医療費の請求書 チャンピックスは禁煙補助剤としては販売され、日本でも認可されていることから病院で処方される飲み薬です。
第一類医薬品に分類されるため、国内でのネット通販での購入はできませんが、禁煙治療で外来診療を受け、チャンピックスによる治療を申し出ることで処方されます。
禁煙外来による治療は所定の条件をクリアすることで健康保険が適用されますが、健康保険が利用できない病院であったり、条件がクリア出来ない場合は自由診療として治療薬から診察代まで全てを自己負担で支払う必要があります。
チャンピックスによる治療は12週間を目処に処方されるため、支払う金額は常に一定となります。
健康保険が適用され12週間分のチャンピックスを処方してもらうと、薬代は13,000~15,000円ほどとなり、健康保険が適用されない場合は3倍以上の価格となって43,000~50,000円の範囲になります。
この価格はチャンピックスのみとなっており、この他にも診察料、ニコチン依存症管理費、処方箋料が別に必要となるので、実際に支払う金額はさらに高額となります。
健康保険が適用されない禁煙外来では12週間の治療費で6万円以上の出費となることもあるため、病院に行く前に健康保険が使用できるかどうかを確認しておくことが大切です。
また、禁煙が失敗して2度目の治療で健康保険を使用するには、初診の日から起算して1年以上は経過しないと保険再算定の問題で適用されないので注意しましょう。
近くの病院では保険が使えず高額な費用になってしまうという人は、個人輸入で購入すると処方箋が必要なく、病院に行く手間も省けるので12週間分のまとめ買いで15,000円前後なることから安く済ませることも可能です。